突然の離婚申し入れ②

主人に理由を問いただしても、『今後は一人になりたい』としか言わないのです。
それだけの理由で『わかりました。離婚します』とは言えません。
友達に相談すると、『おかしい。何かあるんじゃない?例えばだけど・・・』と前置きしてから、「子どもが独立したのを機に以前から付き合っていた女性と暮らすために離婚したいという男性もいるらしいわよ」と、このまま離婚するのだけはだめだからね!と強く言われて・・・
主人が何を思って離婚したいと言っているのか、本当の理由が何なのか知りたいのです。

突然の離婚申し入れ①

結婚30年で、子供は結婚し別々に暮らしている。長い結婚生活で、喧嘩もしましたし、お互い嫌な面もあります。でもそれなりに夫婦仲は良好だと思っていました。子供が結婚し、孫が出来、これからは夫婦二人の生活をゆっくり歩んで行こうと思っていました。
しかし、先日、いきなり主人が「離婚を考えてくれないか?」と言い出したのです。
私は訳が分からず、「なぜ?」としか聞けませんでした。仕事もまじめで、子供にも優しく、良き夫、良き父だったと思っていただけに、ショックでした。

まさか、うちの旦那が②

その日から、考えることは旦那の浮気の事ばかり、相手はだれなの?いつから?どうやって、いつ会っているの?その人とは本気なのか?どうやって調べようか?どうやって・・・色々考えているうちに怒りがこみあげてきて、どうやって復讐してやろうか?ということまで考えてしまう。
仲の良い友人に相談すると、問い詰めるのは得策ではないという。ポイントカードぐらいでは証拠にならないし、言い訳されておしまいだと。気づかないふりをして、証拠を集めた方が良いと言って探偵事務所を紹介してくれた。
気付かないふりをして、今までどおりになって、できないわよ!!!
一刻も早くこの状況を脱するべく、勇気をもって、探偵事務所に電話をすることにした。

まさか、うちの旦那が①

保育園からの集金があり、小銭を出そうと財布を開いたが、ちょうど100円が足りない・・・
100円の為にわざわざコンビニやスーパーに行くのも面倒だと、旦那の財布から100円を借りようと、旦那の財布を空けるとふと目に留まったカード。よく見るとホテルの割引券だった。なにこれ!ありえない!問い詰めてやろうと思ったが、勝手に財布を空けてしまった手前、それも気が引けた。
自分は、浮気をするなら絶対ばれないようにやってほしいと思っているタイプで、本気になってのめり込んでしまうのは困るが、男なら浮気ぐらいするもんだぐらいの気持ちでいた。それも、旦那がお世辞にももてるタイプではないし、この人に限って浮気は考えられないと安心していた部分が少なからずあったからだ。

熟年離婚 ②

調査開始

ご主人が会社関係者とゴルフと言って出かける日に尾行を開始。
AM7:00ゴルフバックを持ち、自宅を出た。
AM7:30あるマンションの駐車場に車を停める。携帯で誰かに連絡をしているようだ。
しばらくして、女性がご主人の車に歩いて近づいて来た。女性がご主人の車に乗り込んだ。

二人はドライブを楽しみ、景色のよいストランで食事をする。
二人は食事を終え、車はホテルへ入って行く。写真に収める。
夕方女性をマンションで降ろし、自宅へ戻った。

その後も女性とは頻繁に会い、ホテルへ行っている事が分かった。

依頼者に調査報告をすると、主人と相手の女性に慰謝料を請求し、離婚の手続きをすすめるとの
事だった。

熟年離婚 ①

今回の依頼人は50代後半の女性。
主人の浮気の調査の依頼。
依頼人のご主人は60歳、会社を経営しているという。
子供は2人、独立して別世帯で暮らしている。
写真を拝見する限りでは、なかなかのイケメン。若い頃はかなり持てたであろうと想像がつく。
実際、何度か浮気をしてきたようだ。
子供もいるということで、我慢をしてきたようだが、それをいいことにご主人は浮気を繰り返してきたようだ。

子供たちも、別に我慢しないで、離婚してもいいよ。と言ってくれるし、浮気の証拠をとり、
離婚を有利に進めたいと考えているという事だ。

浮気調査④

3日目 今日から2日間ご主人は出張で家を空ける。
今日あたり動きがあるかもしれない。
が、今日は全く動きがない

4日目
今日はいつもよりも早い時間に子供を塾に送っていくと、いったん自宅に戻った。30分ほどして、再び車に乗りどこかへ向かった。どうも様子がちがう・・・どこが?と聞かれると答えようがないが、浮かれたというか、足取りが軽いというか・・・これはあやしい。
奥様は車をコインパーキングに入れ、近くの飲食店に入っていった。

妻の行動⑥

たまたまネットで見つけた、探偵事務所に電話を入れてみた。相談無料となっていたので、思い切ってかけてみた。『こんなことくらいで、疑うのはどうかと思うが・・・』と前置きしたうえで、今の状況を話した。すると、浮気がどの程度であろうと、たとえ勘違いで、浮気の事実などなかったとしても、依頼者がストレスを感じていたり、日常生活に支障があるようなら、どんな小さなことでもお手伝いさせて頂きますよといわれ、事実をはっきりさせよう。そのあとのことは、結果を見てから考えようという気になった。

妻の行動⑤

何もできずにもやもやした日が続いていたが、たまたま目に入った携帯の画面が、ロックが解除された状態で放置されていた。LINEを覗いてみると『いつもありがとうございます。今日もおいしかったです。』と入っている。しかし名前がニックネームになっていて、男か女か判断できない・・・。でも女友達に弁当をつくっていくってあり得るか?!これはますます怪しい!

困った夫・・・⑤

例の女性の事を調べてみると、同僚の奥さんであることがわかった。
同僚が残業や出張、接待などを見計らって、浮気をしていたようだ・・・

ほぼ定時で職場をでると、2時間ほどの逢瀬を楽しんで、何事もなかったかのように
夜の8時には家にかえり、まさかこの時間で浮気をしているとは疑わないだろうと
本人は思っていたようだが、甘かったようだ。
女の勘は鋭いな・・・

しかし、同僚の妻に手を出すとは・・・
報告書を書くのに、気が重くなる