妻の不信行動⑤

ずっと考えてはいるが、結論は出ていない。
最近、時間さえあれば、探偵会社を検索している・・・
はっきり言ってどう選んでいいのかもわからない。
まさか、自分が探偵事務所に依頼するなんてことがある
なんてことも、今までは想像もしていなかった・・・。

そういえば、今週末も役員会だと言っていた。
このままもやもやし続けても、しようがない!
腹を決めるか・・・

思い切って、以前からチェックしていた、探偵会社の
一つに電話をした。

妻の不信行動④

数日たっても、もやもやした状態だった。
最初はなんかおかしいなくらいの気持ちだったが、絶対に怪しいと思い始めた。
4月から数えても10数回夕方出かけている。
はっきりさせるにも、自分一人ではどうしようもない。興信所を使うか・・・。
でも探偵をやとって、証拠をつかんだとして、黒だったとしたら、そこから俺はどうしたらいいんだ??
いろいろと考えるが考えがまとまらない。いつも同じことを考え、結局結論は出ないままだ。

妻の不信行動③

次に学校の近くの集会場に行ってみるが、ここも明かりが付いていない。
やっぱり、おかしいな・・・だからと言って、これ以上どうすることも出来ず、
家に帰ることにする。妻は11時少し前に帰ってきた。帰ってきた妻に
「今日は何のはなしだった?」
と聞いてみると、
「秋の奉仕活動だけど・・・何?」
「いや、べつに。大変だな」
といって、話は終わった。場所はどこだと喉まで出かかったが、やめておいた。

妻の不信行動②

その日も妻は夕方から役員会があるということで出かけて行った。役員会は学校の会議室か近くの集会場でやることがほとんどだ。自分は子供に「ちょっとコンビニまで行ってくる」と言い、行かないと返事をするとわかっていたが、お前も来るかと声をかけた。案の定、「行かない」という返事を聞いて、コンビニには向かわず、学校へ向かった。子どもの学校なんてほとんど来たことがないが、一階の職員室らしき部屋ぐらいしか明かりがついていない。

妻の不信行動①

今年の4月に子供の学校の役員に選ばれたという話を聞いた。
学校行事は主に妻が出席することになって、どういった経緯で
役員に選出されたかは知らない。
役員会があると言って、月に1~2回くらいのペースで
夜に出かけていくようになった。
そんなに頻繁に役員会があるものかと不信に思ったが、
役員の中でも執行部の役員なので、役員会の為の
ミーティングが必要なので、普通の役員よりも集まることが
多いということだった。

離婚を有利に②

出張という日に調査を開始。
家を出ると最寄りのバス停からバスに乗り、岐阜駅に向かった。 
電車に乗り換え、新幹線の駅へ。改札の前で待っていた女性と合流。
ホームでは親しげに話をしながら電車を待つ。
京都で新幹線を降りると、荷物を預け、市内観光。親しげに腕をくみながら、
歩く姿を写真に収める。一日観光を楽しみ、夕飯の為、繁華街の飲食店へ入り、
20時ごろ飲食店を出ると歩いてホテル入るところを確認。
翌朝、ホテルをでて駅に向かい岐路に着いた。

そのまま女性を尾行し、女性の自宅住所と素性を調査し調査を終了した。

離婚を有利に①

依頼者は40代女性。以前から主人の行動を怪しいと思っていたが、子育てや家事、
仕事に忙しく、かまっている時間もなく、問い詰めるようなこともしなかった。
最近では、飲み会や残業、出張と言っては、家を空けることが増えた。
ばれていないと思っているのか、ばれても、どうでもいいと思っているのか・・・
離婚を切り出されたことはまだないが、依頼人は、子どものこともあるし、
養育費など条件よく離婚したいと考えている。浮気現場の証拠が欲しいということだ。

主人の浮気調査④

翌日、依頼人をお呼びしました。
『探偵』 ご主人は浮気をしているようです。
『依頼人』やっぱりそうですよね。
『探偵』 はい。女性と会っていました。
     食事をしその後ホテルに入って行きました。
     ご主人が浮気されているのは間違いないと思われます。
『依頼人』確かに、子供の事でいっぱいで主人の事を
     考えられなくなっていたのは間違いありませんが、
     だからって男の方は誰でも浮気するんですかね。
『探偵』 何ともお答え出来ませんが・・・

言葉に困っていると、依頼人は「皆が浮気する訳ではないですね。」とひとりつぶやいた。
依頼人はどこかスッキリとした表情で事務所を後にした。

主人の浮気調査③

『若い女性』が1人だった。
窓ガラスを降ろし、何か話している。どうも知り合いだな。
と思っていたら、女性がご主人の車へ乗り込んだ。

女性の姿をカメラに収める
やはり、ご主人には女性がいたのだ。
急いで尾行開始。
二人は隣の県へと進み、仲睦まじい様子でドライブ、食事を楽しんでいた。
午後3時 二人はホテルへと入って行った。

午後6時 二人は別れた。

午後6時半 ご主人は『スーパー』の鮮魚店にて魚を購入していた。
釣りに行っていた証拠にするつもりだろうが、果たしてスーパーの魚で
ごまかしがきくのだろうか?疑問である。

主人の浮気調査②

午前7時 ご主人が自宅を出た。
この日は友人と釣りに行くと出掛けたそうです。
『釣り?』どこかで友人と待ち合わせしているのだろうか…。
『おかしいな…』、車には確かに釣り道具を積み込んでいたが、
海方面には行かない。 
ある商業施設の駐車場へと車を停めた。駐車場にはほとんど車がなく、
人けも少ない…。
『ここに友人と待ち合わせか』と数分待っていた。
1台の車がご主人の車の隣に駐車した。
『こんなに空いているのに、なんでわざわざ隣に停めるんだ』と思い、
気づかれないように、双眼鏡で隣の車を見た。