主人の秘密 ③

『最近の若い男性はこんな所二人で来るんだ』

ご主人はかなり上機嫌でワインを飲んでいた。

時間が進むにつれ、ご主人が男性の手を触り出した。

『えっどういう事』と目を疑った。

いつも飲むとこういう状況なのか、同僚の男性は特に嫌がるという感じではなかった。

二人はワインバーを後にし、繁華街の中を進み、人けのない路地で路チューしていた。

『マジか』これはどう見ても、そういう関係と分かった。

そのまま二人はホテルへと入って行く所を写真に収めた。

つづく・・・

コメントを残す