『夫の浮気調査』④

自身は夫が起きて来たが、何事もなかったかのよう、いつも通り過ごした。腹の中では『このやろう。ぶっ殺してやる』という気持ちだった。

 

まず、市役所へ行き、離婚届をもらった。離婚するかどうかは分からないが、夫にガツンと一発加えるために。

自身は何事もなかったかのように、朝夫を見送った。

荷物をまとめ、離婚届けを記入し、机の上に置き、実家へ戻った。

自身『さあ、帰ってからどうするかな』と少しワクワクしていた。

つづく・・・

コメントを残す