アラフォーの私④

◇核家族マイナス旦那の生活◇

いよいよ3人の生活が始まった。旦那の帰りは決して早くなかったので、夕食は殆んど一緒ではなかったけれど、夕食も朝食も旦那の顔が見えないと、改めて旦那と別々の生活、新しい生活がスタートしたのを実感。やっぱりちょっとさみしいな。でも二人の子供がいてくれるので、こっちはこっちで頑張ろう。私よりも旦那の方が、家事もしなくてはいけないから大変だろうな。そんな感じで、東京のベッドタウンと呼ばれる千葉のとある町で、マイナス1人生活がスタートした。

コメントを残す