まさか私の妻が・・・①

『探偵K事務所』

40代半ばの強面の男性が事務所へ訪れた。

奥様とは結婚15年が経ち、一人娘も小学生になり、御両親は母親がいるが、家族4人仲良くやっていた。

 

なぜ依頼に来たのか?

娘の一言だったそうです。

妻がいない時だったが、娘が「おじちゃん、パパと違って、ユーホーキャッチャーうまかったよ」と言った。

「おじちゃんって、誰」

娘「分かんない。ゲームセンターでぬいぐるみ取ってくれたよ」

自身はその時は誰か周りにいた人に取ってもらっただけだろうと思っていた。

 

自身の友人と妻の会社が同じだが、今度は友人から「お前の奥さん、何かあいつと怪しいって噂出てるぞ」と言って来た。

「あいつって誰や」

「会社の同僚で、奥さんの上司」

「何が怪しいんや」

「二人が仲がいい事は知っていたが、同じ日に休みを取っているし、奥さんのあいつを見る目は怪しいわ」

自身はそれだけでは信じられなかったので、調査を依頼した。

 

『調査開始』確かに、奥様と相手の上司はかなり仲がいいって分かる感じだった。でもそれだけでは証拠にはならない。

会社の飲み会があった。

『これは証拠が出るぞ』

奥様はあえて飲み会の席では上司の隣には座らなかった。その場を終え、皆が2次会へ行くと言う事になったが、何人か帰る中に二人の姿があった。

二人は別々の車に乗り込んだ。違うのか?

ところが二人は同じ方向へ進む。

やはり両者アパートの前に着いた。どうも上司のアパートらしい。

二人はお酒が入り、夜という事もあり、周りの目が気にならないのか、いちゃいちゃしていた。これは間違いないな。決定的証拠を抑えた。

奥様がアパートを出たのは深夜2時過ぎだった。

続く・・・

 

コメントを残す