アラフォーの私㉘

◇調査開始の日◇

朝が来た。体中だるかったが、気持ちはしっかりしていた。そうだ、今日から調査が始まるのだ。現実的に調査費用のことを考えると、早く結果が出るのを願いつつも、あまり早いとどんなものだろう...?もし、明日分かったらどうなのだろう?妻としての女の勘を信しながらも、夫の不倫を信じたくない気持ちも同居している。まだまだ覚悟が足りないのだな。考えても仕方ないと分かりつつも、丸一日頭の中で同じことを繰り返し繰り返し考えていた。そして、ケータイの着信を気にする1日だった。そんな1日だから、ついついため息が出る。「はぁーっ」。

「お母さん、疲れているの?」

『どきっ』

「ちょっと旅行疲れが出ちゃったかな。」

『危ない危ない、今は子供の前では普通を装わなければ。』

再度、自分に言い聞かせた。