突然、離婚をせまる夫⑦

今日は接待ゴルフの日だ。

朝6時に自宅を出たご主人を追った。住宅街をはしって、ある家の前で止まった。呼び鈴を鳴らし、出てきたのは、依頼者のご主人より年配の上司らしき人物が出てきた。二人は車に乗り走り出した。(今日はほんとに接待ゴルフの線が高いな・・・はずれか・・・)と思ったが、車が止まった瞬間、あながちハズレではなさそうだと頬が緩んだ。車が止まった場所は、例の女性のマンションの前だった。すでにマンションの前で女性が待機しており、ゴルフバックを積み込むと、助手席に乗り込んだ。

3人はゴルフ場につくと先についていた数人と合流し、にぎやかに談笑しながら、クラブハウスへとはいっていった。