不信感 ①

某探偵事務所

所長はある女性からの依頼を受けていた。

主人の浮気を疑っているらしい。この女性、職業柄、残業も多く出張もたびたびあるという事で、すれ違いの生活らしい。だからと言ってご主人の事は愛しているといい、離婚は全く考えていないという事だった。

『数週間前から突然態度が冷たく、私に対して無関心というような態度で、何かあったのか聞いても、「別に」というだけで、会話をしようとしない。せっかく2人揃って週末休みが取れても、一人で出かけてしまう・・・私も仕事が忙しくて、彼の行動を把握しづらく、私がいない時に何をしているか全くわからない。』とつらそうな顔をした。

不審に思い始めたら、彼の行動がきになってしょうがないらしい。彼の態度がおかしいのは浮気をしているからだと思うという事だ。

とりあえず、依頼者が出張があるという週を選んで、1週間の素行調査の見積もりを提示し、了解を得た。