不信感 ⑩

調査員A慌てて事務所に駆け込んできた。

「今の女性!どうしたんですか?」

「どうした?落ち着け、彼女知り合いか?」

「知り合いって、今、依頼受けている男性の調査対象者の女性です!!なんで彼女かここにいるんですか?」

所長が突然笑い出した。

「彼女、全くのシロだっただろ」

「なんでそんなことわかるんですか」

所長はまだ笑っている。「お前の依頼者を俺は3日間追っかけてたわけだ」

調査員Aはまだわけがわからないといった顔をしている。

「さっきの女性は俺のお客様だったってことだよ、しかし世の中には、探偵事務所や興信所がたくさんあるっていうのに、夫婦が別々に依頼に来て、お互いを調査してくれって、笑える話だな」