盗聴⑤

後日、彼氏と約束をしたふりをして、一人でカフェに向かいました。入り口が見渡せる、奥の席に座り、30分ほどたつと、入り口に彼女が現れました。きょろきょろと中を伺っていましたが、私には気付きませんでした。店員に一人だと告げて、カウンターに座ったのを確認して、彼女に近づき後ろから声をかけました。彼女はとても驚いた顔をしていました。私はカウンターに盗聴器を置きました。そして、正直に話してほしいと言いました。