妻の不信行動⑥

こんなに緊張するのはいつ以来だろうと思うくらい、
久しぶりに手に汗をかいた。

電話に出たスタッフは落ち着いた口調ではなす感じの良い女性だった。
何をどう話したかよく覚えていない。
ただ、予約の日時だけはメモをしていた。

時間にして5、6分話しをして、無料相談の予約をした、
たったこれだけでも、自分が何か大きなことをしたような
そんな気分になっていた。

妻の行動をはっきりさせよう!そう強く思った。